Life Literacy

エンジニアの生活の質を向上させる方法について整理中

Chromecastに加え、Fire TV Stickも購入することにした理由

スポンサード リンク

過去に書いた、

lifeliteracy.hatenablog.com

でも少し触れたように、Fire TV Stickに乗り換えるか検討中であり、いろいろと調べていたが、結局のところこういったものは使ってみないとよくわからない。

たいした値段でもなく悩んでいる時間の方がもったいないため、まずは購入して使ってみることにした。まだ、届いてはいないが、なぜFire TV Stickを購入しようと考えたかの経緯について、簡単にまとめてみた。

Fire TV Stickでなければ、ダメな理由

lifeliteracy.hatenablog.com

過去の記事で言及しているように、僕はhuluを常用しており、Chromecastと組み合わせることで、効果的にhuluを活用してきた。

そんな折に、Amazonプライムビデオというサービスが昨年9月頃に始まった。簡単に説明すると、Amazonプライム会員の人はAmazonビデオが無料で見放題というサービスだ。

僕は、もともとAmazonプライム会員だったため、年会費3,900円(税込)だけで見放題となる。つまり、月額933円(税抜)のhuluよりもお得である。

また、観れるビデオを簡単に確認したところ、僕が観たいビデオは全て揃っているようだったので、huluをやめてAmazonビデオに乗り換えようと検討を始めたところだった。

AmazonビデオはChromecastに対応してないし、今後もおそらく対応しない

しかし、現時点でAmazonビデオはChromecastに対応していない。それに、ChromecastがAmazonで販売停止となったことを考えると、今後も対応しないように思える。

そういったことから、Amazonビデオをテレビで写すためだけにFire TV Stickを購入することにした。一方、AmazonビデオやFire TV Stickについては評価が悪いレビューもいくつか散見されるため、どうせなら両方を平行運用しながら見極めていきたいと思う。

おわりに

Amazonプライム会員向けには、 japanese.engadget.com

といったように、続々とさまざまなサービスが出てるようだ。いまのところお急ぎ便しか活用できていないが、いろいろと試してみてレビュー記事を書いていきたいと思う。

(追記)

その後、Fire TV Stickが届き、主にAmazonビデオをみるために利用している。使用感などについて簡単に以下の記事にまとめた。 lifeliteracy.hatenablog.com

Fire TV Stick

Fire TV Stick