ITエンジニアの本棚

ITエンジニアに有益な書籍や勉強法について紹介していくサイトです。

NISAはじめませんでした

スポンサード リンク

前々からやってみたいと思いつつも、日々の忙しさからなかなか始められなかったNISAだけど、今年ははじめることにしようと思い、小一時間ほど調べてみた結果、まだ早いという結論に達した。

自分の知識だと、まだ危険だと思ったからなので、知識が十分にある人やこれから勉強する余力がある人はNISA活用を視野に入れた方が良いだろうという感触はあった。

この記事(だけでなく全ての記事)は、自分用の備忘であり、詳細は別サイトを参照することをおすすめする。

そもそも始めようと思った理由

いちばんの理由は、確定拠出年金を2年ほど15%程度の利回りで運用できており、本格的に投資を始めようと思ったため。

NISAについては、聞いたことはあったが詳しくは知らないという程度の知識しかなかったのだが、確定拠出年金のように税金がお得ということで活用しようと考えた。

運用状況によっては逆効果

しかし、調べていくと確定拠出年金のように確実に節税できるものではなく、運用状況によっては、逆に損することもあることがわかってきた。

そもそも投資自体が損するリスクもある上で行うものだから、気にしたら負けなのかもしれないが、自分のようにリスクをちゃんと理解できてさえいない知識不足の人間が、リスクを取りにいってはいけないなと思い断念した。

利益がでれば節税できる

NISAでは、毎年120万円の非課税枠がもらえるため、その枠で購入した株式による利益(配当金など)に税金はかからない。社会人はみんなわかると思うが、給料上がっても税金のせいでなかなか所得は増えない中、この節税効果は大きい。

損失が出ると節税どころかより損をする

他にも株式の売却の仕方など、落とし穴はいくつかあるようだが、私が怖いと思ったのはここである。

NISA口座で出た損失は、他の口座で得た利益と損益通算ができない。つまり、NISAで多額の損失が出て、トータルではマイナスだとしても、税金がとられるリスクがあるらしい。

株を昔からやってる人たちは、絶対に損しないやり方があるとよく言ってるが、私のような知識不足の初心者は、雰囲気で投資をしてるので少し怖い。

まとめ

結局、投資はリターンもあればリスクもあるものなので、リスクをちゃんと理解した上ではじめましょうというだけのこと。

いまはまだ知識が不足してるため、はじめないことにしたが、もう少し勉強して可能であれば今月中にはNISA運用を開始したいと思ってる。また、確定拠出年金も実は落とし穴があるのではないか?と思い始めてしまったため、これから調べてみようと思う。

もっと勉強する時間を取らなければいけないのだが、そのためには育児と仕事を効率よく終わらせなければ。