Life Literacy

エンジニアの生活の質を向上させる方法について整理中

出産・育児ストレス軽減のためにAmazonプライムのすすめ

スポンサード リンク

はじめての出産・育児だと慣れないことや思いどおりにいかないことが多くストレスがたまってしまいがちだ。

本記事では、出産後数ヶ月間の激動を少しでもストレスを軽減して無事に乗り切るために、Amazonプライムを利用した時のメリットについて紹介する。

夫に買い物を任せるデメリット

新生児を連れて外にでるのはなかなか難しいため、生後数ヶ月間は、必然的に夫が買い物をすることが多くなる。 しかし、夫に買い物を任せると、

・買ってきて欲しいものと別のものを買ってくる
・タイムリーに欲しいものを入手できない
・一人で赤ちゃんの面倒を見る時間がより増える

といったデメリットがある。 僕の場合は、休日は産まれたばかりの子どもとできる限り一緒にいたいのに、何度も買い物に行かされてストレスがたまっていたし、妻からすると依頼したものをちゃんと買ってこない僕にストレスがたまっていたことだろう。

Amazonを利用して家族で引きこもる

Amazon アプリ

Amazon アプリ

  • AMZN Mobile LLC
  • ショッピング
  • 無料

妻が極力外出せずに、欲しいものだけを購入するために、Amazonを利用することにした。ただ、到着に2日かかる場合は、やはり買いに行こうという気分になってしまう。

お急ぎ便が便利

そういったせっかちな人には、Amazonプライムの利用をおすすめする。 Amazonプライムに加入すると、年会費3,900円(税込)で、お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題なので、比較的タイムリーにものが届くようになる。

実際に、お急ぎ便を利用すると注文した翌日には商品が必ず届くし、時には当日に届くこともあるので、いますぐに欲しい新生児用品を大量に注文できるようになった。

まずは最低限必要なものを買ってあとで追加購入

例えば、生後数ヶ月間は、よく吐き、よだれも垂れ流すため、ガーゼや肌着は大量に必要となる。しかし、洗濯頻度や赤ちゃんがよごす頻度は家庭によって異なるため、どれくらい買えばよいかわからないだろう。

結局、多い分には困らないという考えで多めに買ってしまいがちとなる。ただ、Amazonプライムを利用すれば、注文すれば翌日に届くため、事前では必要最小限のものを買うだけですませることが可能となり、年会費を差し引いてもそれなりの節約になるだろう。

おわりに

出産後数ヶ月間は、慣れないことがいろいろと起こり大変である。少しでもストレスを軽減するために、自分なりに工夫しながら、なんとか乗り切ってもらえればと思う。